シックスパッド デメリット

シックスパッドのデメリットはなんですか?

シックスパッドを使ってみて「う〜ん・・・」と思うところがいくつかありましたのでご紹介します。

 

電池交換がちょくちょく必要・・・

シックスパッドはコードレスなので使い初めは感激でした。軽量化を実現し、落ち運びが便利でどこでも使えるので便利ですが、デメリットとして電池の持ちは良くありません。これは購入前に知っておいた方が良い情報かと思いました。
使用する電池はリチウムコイン電池CR2032で定価が300円です。

 

購入したときに「お試し用」としてリチウムコイン電池が入っていたのですが、お試し用のせいか、わずか1週間ほどで電池切れしました。
トレーニングしたい勢いが削がれないようにまとめて買っておいた方が良いです。

 

 

公式サイトの説明によると、約30回に一度の頻度で交換が必要・・・とのことです。
ボディフィット(脇・腕・太もも)とアブスフィット(腹筋)を同時に使用する人はもっと早いと思います。
確かに毎日使用していると、月に1回は交換する感じでしたね。

 

定価が300円もするので100円ショップで見つけても良いのではないでしょうか。

 

ジェルシートがお高め・・・

 

シックスパッドはパッドに高電導のジェルシートを付けてからトレーニングをします。ジェルシートは30回程度使用したら新しいものと交換するようになっています。このジェルシートがアブスフィット用で6枚入り定価4,104円となっています。1枚につき定価で684円ですね。これも結構かかりますよね。

 

お安く購入するには?

 

お安く購入する方法としては公式サイトでの「定期便サービス」があります。定価の20%オフになる他、送料無料となります。
「え〜定期コースなんて使い切れるかどうかも分からないのに・・」と思う方でもご安心を!
定期コースは休止したり、間隔を空けたりすることが会員ページから簡単にできます。
ジェルシートを使い切っていないのに次々送られてくる・・・と言った心配はありません。

 

交換用の電池とジェルパッドが消耗品であることは購入前に心つもりをしておいた方が良いでしょう。
消耗品のコストはかかるものの、場所を選ばず、時間を選ばず、トレーニングができるのが大きな魅力であると言えます。

最大で毎回10,260円(税込)おトクな割引ページはこちらから

【SIXPAD(シックスパッド)】公式サイトへ