シックスパッド 効果

シックスパッドは今までのEMS機器とどう違う?

シックスパッドが今までのEMS機器とどう違うかと言えば、それは手軽さ、薄さ、軽さなのです。
女性が付けても違和感がありません。

 

 

シックスパッドは外から電気刺激を与えることにより脂肪を燃焼させたり、筋肉を強くする低周波機器で「EMS機器」の一つです。もともとEMSはヨーロッパで開発され、オリンピック選手の筋肉増加に効果を発揮し注目を集めました。

 

現在では、リハビリなどに使われる医療機関向けのものと、一般人やスポーツ選手の筋肉増強とシェイプアップが目的で幅広く使われています。
歴史があり、科学的根拠に裏付けられたダイエット法なのです。

 

リハビリなどに使われる医療機関向けのものは高額ですが、ここ十年ほどで一般に使われるEMS機器でもお手頃なものが作られてるようになってきました。

 

その中の一つが腹筋用のアブトロニックです。世界87ヶ国で500万台、日本では150万台の販売実績をもつアブトロニックですが、シックスパッドと比べてみるとベルトがとても大きく感じられませんか?ベルト自体に幅と厚みがあり、コントロールユニットという操作を指示する装置をベルトの真ん中に装着するため横から見ると出っ張る形になります。

 

これまでにも発売されてきた家庭用のEMSは家庭用とは言え厚みがあるものが多く、パットもコード式のものが殆どだったため、いつでも・どこでもという手軽さには欠けていました。

 

シックスパッドはそれらの問題を解消し、軽さと薄さ、さらにコードレスを実現しています。
忙しい人でも手軽にトレーニングができるという点では現状ではシックスパッドに敵うものはなさそうです。

 

最大で毎回10,260円(税込)おトクな割引ページはこちらから

【SIXPAD(シックスパッド)】公式サイトへ